×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。









+HOME+

+ 土の種類 と 配合 +


<土の種類>
天然砂礫
(天然用土)
<水はけ>良
<通気性>良
<保水性>普通〜悪い
<保肥力>普通〜悪い

<特徴>
 多孔質で通気性が高いので、土壌改良として、
 他の用土に配合すると通気性を高める。
 (東洋ラン、山野草などはそのまま使用)

腐葉土
(天然用土)
<水はけ>良
<通気性>良
<保水性>良
<保肥力>普通

<特徴>
 通気性に優れ、保水力が高いのでその欠点を
 もつ赤土と混合すると欠点を補える。手で軽くも
 み、ふるいで微塵を取り除いてから使用。

赤玉・赤土
(天然用土)
<水はけ>良 (ただし赤土は悪い)
<通気性>良 (ただし赤土は悪い)
<保水性>良
<保肥力>良

<特徴>
 赤褐色の粘土質で、弱酸性、リン酸成分をほど
 んど持たない。赤土をふるいにかけ、大・中・小
 の粒径に別に分けたのが赤玉土で、赤土の欠点
 である通気性や水はけを改良されて作られてい
 る。

鹿沼土
(天然用土)
<水はけ>良
<通気性>良
<保水性>良
<保肥力>良

<特徴>
 通気性、保湿性ともに優れています。リン酸成分
 を含まないので、弱酸性に弱い植物にはむきま
 せん。(サツキなどには単用で使用できる)

ミズゴケ
(植物性用土)
<水はけ>普通
<通気性>良
<保水性>良い
<保肥力>ない

<特徴>
 湿地に生えているコケ類を乾燥させた物で、自重
 の10倍以上の水を吸収することが出来る。一度
 水に浸したものを軽く絞ってから使う。購入時は
 淡黄色や淡緑色のものを選ぶと良い。

ピートモス
(植物性用土)
<水はけ>良
<通気性>良
<保水性>良
<保肥力>良

<特徴>
 湿原のコケ類が堆積して泥炭化したもので、保水力や保肥力が大きく、排水性や通気性にも富む。鉢栽培で多く使用され、腐葉土の代わりとして使用できる。ただし、酸度がやや高いので、購入時は酸度調整済みを選ぶと良い。

パーライト
(人工用土)
<水はけ>良
<通気性>良
<保水性>良い
<保肥力>普通〜悪い

<特徴>
 ガラス質の真珠岩を加熱処理し、多孔質にした人工用土で、非常に軽く、排水性、通気性保湿性に優れているので、調整用土として使われる。

バーミキュライト
(人工用土)
<水はけ>良
<通気性>良
<保水性>良
<保肥力>良

<特徴>
 軽いしを高温で焼き、薄板多層状にした人工用土で、赤土などに混ぜて使用すると、保水性や通気性を高める事が出来る。無菌状態なので育苗用土や挿し木床にも最適である。


<中性から弱酸性の土>

植物は弱酸性土から中性の土を好みます。
日本は雨が多く、そのために水で流れやすいアルカリ分が流れ出し
どうしても酸性に傾きがち・・・。

PH検査器で土の酸度を調べ、酸性土になっていたら
石灰を土に混ぜ込み、酸度調整をして下さい。

特に、野菜などを植える場合
1uに一握りぐらいの割合で土に混ぜ込むと良い。


<土の配合>
一般草花 及び 野菜 最も基本となる配合です。
7:3
ハンギングバスケット 軽く仕上げる配合。
2:2:3:3
カーネーション・西洋紫陽花・
ポインセチア・セントポーリアなど
軽くて清潔な土を好む。
4:6
ツツジ科 水はけや通気性のよい
弱酸性の土

4:6
一般観葉植物 通気性を良くする
2:4:4
ヤシ類 保水性や通気性を高める
1: 2.5 : 6.5

育て方メニューへ


+HOME+